Warning: The magic method InvisibleReCaptcha\MchLib\Plugin\MchBasePublicPlugin::__wakeup() must have public visibility in /home/c8008201/public_html/umekoko.com/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/plugin/MchBasePublicPlugin.php on line 37
離婚について子供にどのよう伝えたか。5歳長男へ伝えた事、反応の記録 | うめここブログ

『離婚』どのように子供に話す?伝えた後の反応は?

離婚関係

こんにちは!関西でシングルマザーやってます、うめここです。

子供がいて離婚する場合、

離婚の話をどの程度、どのように子供に伝えるか

これは結構大きな悩み事だと思います。

離婚前?それとも後?離婚理由は言うべき??


我が家は長男5歳、次男2歳の時に離婚しました。

決定的な理由は『元夫の家計使い込みや借金』といった金銭問題です。

優しく、浮気やDV等はなく、子供たちにとっては『良いパパ』だったと思います。 

でも年々価値観の違いや、金銭感覚のズレが顕著になり、なんとかすり合わせてやってきたものの、見過ごせない金額の使い込みや知らない間の借金・・・

結局パートナーとして信頼していく事が出来ずに離婚を決めました。

その時悩んだことが子供達にどのように話をするか

我が家の場合、離婚後引っ越すのはパパだったので、離婚しても子供たちの環境はそんなに変わりませんでした。

でも、何故パパが引っ越すのか、説明しないわけにはいきません。

どこまで、どのように伝えたら良いのか・・・悩んだ私がとった方法は

段階的に伝える

ということと、

嘘はつかずに真実は伝える

ということです。

段階的にしたのは、私もどう話せばいいから迷っていたのもありましたし、どこまで理解できるのか不安があったから

いきなり離婚と言っても伝わらないだろうと思ったからです。

なので、まずは第一段階として

『パパはお引越しすることになったんだ。でもママはずっと一緒に居るし、パパとも会えるからね〜』

という言い方をしました。

その時の子供たちの反応は

ふ~ん、そうなん?なんで?まぁ、ママが居るならいいけど」

といった感じ。

パパとの関係は良好だったものの、寝室は別で平日は子供が寝てからの帰宅、週末も仕事に行くことが多かったからか、生活にそこまで影響ないな。という反応でした。

2歳なりたての次男はまだよく分からないのか納得したのか、

その後、追及してくる事も泣くことも無く、新生活スタート出来そうでした。

問題は5歳長男です。

長男は理解力も高く、場の空気を敏感によむ繊細タイプ。

パパの引っ越し(離婚)理由を知りたいと思ったとしても、我慢して聞いてこないかもしれないと思い

別に時間を取り、離婚原因もきちんと伝える事にしました。

しっかり説明して、長男自身に納得してもらった方がいいと思い、出来るだけ理解しやすいように、そして元夫を否定しすぎないように注意しながら話ました。

ママとパパは大好き同士で一緒に暮らしていたけど、パパがママと決めたお約束を破った事

お約束破りしたのはパパが悪かったけど、ママもパパに優しく出来ていなかった事

離れ離れになってもまた会えるし、パパもママも長男君、次男君が大好きなことには変わりない事

ママも頑張るけど、寂しい時は我慢せずに伝えて欲しい事・・・

感情的にならずに、淡々と真実を伝えました。

長男も泣くとか怒るとかはなく、淡々と事実を受け止めてくれました。

結局、長男なりに納得したのか、それ以降離婚に対して追及することも否定することもせず、新生活を受け入れて過ごしてくれています。

離婚話をした時に言っていた、忘れられない一言は

「パパ1人になっちゃうの可哀想やね」

ということ。自分達はママもいるから寂しくないけど、パパは1人だから可哀想なんだそう、

長男は本当に優しいと思います。

その後、実際に離婚が成立しパパが居ない新生活が始まった後も、

特に精神的に不安定になることもなく、2人とも毎日元気に過ごしてくれています。

たまに「パパに会いたいな~」と言ったり、「パパが好きやったお菓子だ!」等思い出したかのように『パパ』という単語を口にすることもありますが、そんな時は

「本当だね~、またパパに言っとくねー」

と過剰反応せずに普通に受け止めています(内心穏やかではないですが・・・)


どんな理由で離婚するかによって<話せる、話せない>は変わってくるかと思います。

でも大切なのは

『誤魔化さない・嘘をつかない』ということと

『感情的にパートナーを否定しない』ということ。

そしてなにより

子供たちの事が大好きで愛している』

とはっきり伝えることだと思いました。

これから我が家の長男次男も成長する過程でどんな影響が出るか未知数ではあります。

でもどんな感情であれしっかり受け止めて、大好きだと

コメント

タイトルとURLをコピーしました